鰐淵晴子の今現在の年齢は?若い頃とあんまり容姿がかわらない?画像

日本人離れしたハーフの美人女優だった鰐淵晴子さんは今どうしてる?

鰐淵晴子はこんな人!

鰐淵晴子(わにぶち はるこ)は東京都出身の日本の女優・歌手でバイオリニストです。

彼女は、父が日本人のバイオリニストで母がオーストラリアの名門ハプスブルク家の末裔という名家の血を引くハーフの美少女でした。

そして3歳の頃からバイオリンの英才教育を受け、8歳の時には全国を演奏旅行して天才バイオリニストとして注目を集めていました。

1955年、『ノンちゃん雲に乗る』で主役の田代信子(ノンちゃん)を演じ芸能界で活動を始めました。

ハーフ特有の日本人離れした美形女優として1960年代は松竹を代表する女優として数多くの映画に出演して高い評価を受けています。

プレイベートで凄いのは二度の結婚の結婚相手。

一人目が1968年に結婚した服部時計店の御曹司・服部敲(のぼる)さんで現在の『SEIKO』です。ただし約1年で破局しています。

二人目が1972年に結婚した写真界の大御所タッド若松さんで86年に離婚しています。

娘が声楽家でタレントの鰐淵理沙さんです。

鰐淵晴子のプロフィール

氏  名  鰐淵晴子(わにぶち はるこ)
生年月日 1945年4月22日(72歳)
出 身 地 東京都
血 液 型  –
身  長  165cm
体  重  48kg
職  業  女優、歌手、バイオリニスト
ジャンル  テレビドラマ、映画
活動期間  1959年~

現在の鰐淵晴子はというと?

映画などのメディアは2006年の『初恋』を最後に登場していません。

現在、71歳の鰐淵晴子さんが三度目の結婚をしたという情報はありませんので現在は独身と思われます。

現在、確認されている写真を見る限りでは、未だに若い頃の美貌の面影があるのは凄いですね。

女優業は事実上引退しているような感じですが、元芸能人の場合はプライベートでなにか大きな出来事があれば直ぐ話題になりますが、現在の鰐淵晴子さんについて、騒々しい話は聞こえて来ません。

名門での血筋のある鰐淵晴子さんですから、悠々、自適な生活を送っているのでしょう。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。


芸能人ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA