大空眞弓は今現在もがんばってる?若い頃も今も美しすぎる?長男は?

往年の大スターに襲い掛かる災厄!多重がんの大空真弓は、今、どうしてる?

大空眞弓はこんな人!

大空真弓は東京都出身の女優です。

東洋音楽短期大学声楽科在学中に歌舞伎を観に行った帰りに美貌を認められ、スカウトされました。

その後、大学を中退して1958年に新東宝に入社して映画女優としての道を歩みます。

1964年、主人公を務めたTBSのテレビドラマ『愛と死をみつめて』が大ヒットして女優としての人気を不動のものとしました。

またテレビドラマ、映画だけではなく舞台女優としても活躍して1962年『黒蜥蜴(くろとかげ)』で舞台女優としてのデビューを果たしています。

その後、テレビドラマや舞台を中心に活躍を続け、1968年に俳優の勝呂誉と結婚し、おしどり夫婦として評判でしたが後に離婚しています。

大空眞弓のプロフィール

出 生 名  中田佐智子
生年月日 1940年3月10日(77歳)
出 身 地 東京都赤坂区
血 液 型  AB型
身  長  153kg
体  重  48kg
職  業 女優
ジャンル  ドラマ、映画、舞台
活動期間  1958年~
(ウイキペディアより)

現在の大空眞弓はというと?

大空真弓さんの人生を語る時、がんについて語らない訳には行きません。

1998年から2011年までの13年間に、乳がんを1回。胃がんを2回。食道がんを3回。合計6回の多重ガンに犯されています。

一つのがんとの闘いだけでも凄いのに6回の多重ガン。しかも驚くべきことにその間女優としての活動を続けているのです。

1998年乳がんで左乳房の全摘出をしています。

2001年には胃がんを発症して内視鏡による切除手術を行い、さらに翌年にも胃がんが再発して再び内視鏡切除手術を受けています。

2003年には食道がんで合計5回の内視鏡による切除手術を受けています。

また、ご自分の不幸だけでなく、がんとの闘いの途中の2002年に、元俳優だった長男が覚せい剤の所持及び使用等の容疑で懲役2年6ケ月(執行猶予5年)の判決を受け、その後も3度逮捕されています。

女優としては、ドラマや映画で数々のヒット作を生み出し大スターとして今も活躍をしていますがプライベートでは、多重がん、離婚、さらに長男の逮捕と波乱万丈の人生を送っています。

そんな、大空真弓はがんとの闘いを書き記した『大空真弓、「多重がん」撃退中!』を発売、がんと闘いながら女優活動を続けています。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。


芸能人ランキングブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。


芸能人ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA