すがぬま伸は現在どうしていますか?画像

すがぬま伸さんといえば、誰もが知っているビートたけしさんの「たけし軍団」で団長として活躍されていましたね。団長なのにビートたけしさんのいじられ役という立ち位置でも人気がありました。
後輩に東国原英夫さんやガダルカナルタカさんがいたというのも驚きです。

すがぬま伸プロフィール

本名:菅沼進(すがぬましん)
生年月日:1952年7月5日
出身地:神奈川県横浜市

忘れてはいけないのが人気番組「痛快なりゆき番組 風雲たけし城」での活躍。
番組企画でのゲームに負け続ける姿が笑いを誘い、この番組を機に有名になりました。
もともとリアクション芸人として活躍されていたすがぬま伸さんですが、この番組でビートたけしさんがいじってくれたことは飛躍のきっかけになったと思います。

「ロデオマシーン事件」

すがぬま伸さんがたけし軍団にいた当初、こんな事件もありました。
「スーパージョッキー」という当時の番組での出来事です。何とすがぬま伸さんが、番組での「ロデオマシーン」で骨折してしまったとか。
なおかつすごいのが、その時に貰った「見舞金」がギャラよりも高かったというのです。
まさに「転んでもただでは起きない」才能ですよね。

軍団を離れたあとの活動とは?

独自の路線で活躍されていたすがぬま伸さんですが、少しずつ一線からは遠ざかっていきます。
たけしさんの軍団を離れたあとは、得意のギター漫談や司会など幅広い活躍を見せていたすがぬま伸さん。
役者やコメディアンもこなしつつ、一時は「浅草キッド」のマネージャーを勤めていたこともあったようです。

そして気になる現在の活動なのですが、残念ながら芸能界はすでに引退されているようです。
でも、今でも元たけし軍団の方やさんまさんなどの間では話題に上がるほど「ロデオマシーン事件」は伝説になっているようです。

現在は営業活動などもされていないようですが、たくさんの才能を秘めた方なのでどこかでご活躍されているといいですね。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA