角盈男の現在は?ガン克服!?前妻との離婚理由とは?

角盈男さんと言えば、元プロ野球選手の方で個人的に巨人の在籍しっている時が一番好きでしたね~。
現在は60歳を超えていますが、貫禄はまだまだ野球界のレジェンドが似合う感じです。
そんな角盈男さんの現在を調べてみました。

角盈男さんのプロフィール

1956年生まれの鳥取県出身です。
1976年のドラフト会議ではジャイアンツから3位の指名を受けました。
でも1位が良かったって内心は思っていたでしょうね。

3位でも指名される事はすごい事ですよ。
翌年に入団する事になりました。

なんと1年目から新人王をゲットし、一躍有名になりました。
1年目で注目を浴びる選手って当時はなかなかいませんでしたからね。

1992年にヤクルトに移籍してしまって残念がる人もいましたが、ファンの方はヤクルトに一緒に移籍なんて事もありましたね。
投手の中では一番年上の選手だったんですけど、それでもしっかり活躍を有償をする事ができました。

良い結果を残して、そのまま引退をされました。
その引退が一番良いかもしれませんね。
優勝という1位を獲得できてスッキリした気持ちで引退する事ができますからね。

引退後は何をしていたのか?

選手としてではなく、引退後は主に解説者として活躍をされていました。
現役選手のフォームや、体力はどういう状態かなど詳しく解説している角盈男さんを見ると、さすがだなぁ~と思いました。

1993年と1994年はニッポン放送の解説者だけではなく、サンケイスポーツの野球評論家としても活躍していたんですよ。

角盈男さんの現在は?

気になる現在ですが、タレント活動もされるようになりましたね。
もちろんタレントの仕事をしながら時には評論家として野球の話をしたり・・・。

60歳を超えてもまだまだ野球関係の仕事をされているという事は生きがいであることが伝わってきますよね。

今では現役の頃のように走ったり打ったりすることはできませんが、解説としてはプロ級のプロですから、今後もいろいろとお話しが聞けたら良いですね。

体調には十分に気を付けて、これからもテレビの仕事や解説の仕事を頑張っていってほしいと思っています。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA