陸上競技で伝説を残したジョイナーの現在とドーピングは?

 

フローレンスジョイナーと言えば、現在も破られていない200mの世界記録を所持している女性陸上競技選手です。現在も破られていない記録というのはすごいですね。現在はその名前を聞かなくなりましたが、現在のフローレンスジョイナーさんはどうしているのでしょうか?

■プロフィール

ロサンゼルス出身 1959年生まれ
すべての指にネイルを施したり、片足だけのレオタードを着てみたり、と奇抜なことを好んでいたフローレンスジョイナーさん。引き締まった褐色の身体は同じ女性からも羨望されるほどでした。

■フローレンスジョイナーさんが姿を消した理由

1988年のソウル・オリンピックで100m、200m、400mで金メダルを獲得して、三冠達成を果たしました。当時はメディアでも多く取り上げられ、世間からの女性アスリートに対する視線も変わったと言っても過言ではありません。その後、29歳で引退をしました。当時、ベン・ジョンソンさんのドーピング疑惑の矛先はフローレンスジョイナーさんにも向きましたが、検査の結果『白』ということになっています。しかし、周りからの疑惑の声や視線はやむことがなく、引退の理由もその辺にあったのではないでしょうか。

■現在のフローレンスジョイナーさんは?

フローレンスジョイナーさんは1998年9月に心臓発作を起こし、38歳という若さでこの世を去ってしまったのです。最近、フローレンスジョイナーさんの話題を聞かなくなったのは亡くなられたからだったんですね。あれほどの功績を残した人ですから、亡くなられていなかったら弟子を育てるなどして、第二のフローレンスジョイナーさんが誕生していたかもしれません。そう考えると、本当に惜しい人を亡くしたと思います。2017年現在も女性陸上競技選手ではフローレンスジョイナーさんを目標にしている人もいます。いまだ破られぬ記録は、後進の若者たちの大きな目標となっているのです。現時点ではやぶられていない記録ですが、いつか誰かがやぶる時が来るかもしれませんね。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。


芸能人ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA