ゲーリー・リネカーの現在!Jリーグにやって来た元イングランド代表!

ゲーリー・リネカーはこんな人!

ゲーリー・リネカーは、イングランド出身の元イングランド代表サッカ―選手です。

1974年、地元のクラブチーム・レスター・シティに入団しました。

1984年、イングランド代表としてデビュー、1986年のワールドカップ・メキシコ大会では6得点を挙げて得点王に輝いています。さらに、1990年のワールドカップ・イタリア大会でも4得点を挙げています。

イングランド代表としての通算得点は48点で歴代2位の成績です。そして、現役通算333得点を挙げたリネカーは1993年、Jリーグが開幕したばかりの名古屋グランパスエイトに移籍します。

元イングランドの大スターのリネカーの年棒は当時のJリーグ最高の3億円でした。ただしJリーグでは二年間で18試合に出場して、わずか4得点に終わっています。

期待された成績が残せなかった理由はサッカー選手として肉体的に明らかに下り坂になってからのJリーグ参戦でした。

当時、世界的には戦術的にも体力的にもまだレベルが低いと言われていた日本ですが、やはり体力的に下り坂の状態での活躍は無理だったと言う事でしょう。

リネカーのような名選手でも年齢には勝てません。栄枯盛衰の激しいプロスポーツの現実を見る思いがします。

ただし、ネームバリューがあったのでリネカーを一目見たいからサッカー場に足を運んだサッカーファンも多く、観客動員には相当貢献したでしょう。

ゲーリー・リネカーのプロフィール

出 生 名 ゲーリー・ウィンストン・リネカー
生年月日 1960年11月30日(56歳)
出 身 地 イングランド
ジャンル スポーツ
職  業 元サッカー選手、コメンテーター
活動期間 1976年~1992年
(ウイキペディアより)

ゲーリー・リネカーの現在はというと?

現在は、地元イギリスでサッカー番組の中でニュース解説をしたり新聞などにコメントを掲載しています。

現役を引退したとはいえ年齢的には若いリネカーですから過去の経験を生かした名解説で人気があるそうです。

長身でダンディーなリネカーには日本人のファンも多いです。Jリーグでは期待された活躍はできませんでしたが、サッカーの本場イギリスの空気を日本に運んでくれたと言う点では、Jリーグ発展の功労者の一人と言えるでしょう。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA