柏原竜二の現在!ツイッターを愛する山の神がニューイヤー駅伝に出ず引退!

柏原竜二(かしわばら りゅうじ)はこんな人!

柏原竜二は、福島県出身の日本の元長距離選手です。

東洋大学時代は、箱根駅伝に連続4回出場して5区の山登りに挑戦し、その全てが区間賞と言う快挙をなしとげ、箱根駅伝の二代目『山の神』と呼ばれました。

その後、富士通に入社して実業団駅伝に参加するや富士通のエース格として活躍しました。実業団に入ってからも事あるごとに箱根駅伝の山の神と呼ばれますが、本人は、そのことが必ずしも嬉しくなかったと漏らしています。

その理由は、山だけの選手のように思われるのが嫌だと言う事で平地でも走れるところを見せたいと語っています。

そんな、柏原竜二さんの趣味は、アニメや漫画でそれ以外にはツイッターをこよなく愛し、たびたび話題性のあるツィートで、たくさんのリツィートを受け、フォロワー数は、なんと1万人を超える人気者です。

最近の陸上の話題では実績のある陸上の長距離選手として、その活躍が期待されていた2017年のニューイヤー駅伝には怪我の影響でエントリーしていません。

その後、2017年の3月31日に、富士通の陸上競技部を辞めて、正式に引退しました。

形の上ではニューイヤー駅伝の欠場後の突然の引退のようになりましたが、本人は27歳と言う年齢もあって、第二の人生について引き際を考えていたみたいです。

柏原竜二のプロフィール

出 生 名 柏原竜二(かしわばら りゅうじ)
生年月日 1989年7月13日(28歳)
出 身 地 福島県
ジャンル スポーツ(長距離)
職  業 会社員
活動期間 2008年~2017年
(ウイキペディアより)

柏原竜二の現在はというと?

引退後は、富士通のアメリカンフットボール部の『富士通フロンティアーズ』のマネージャーを務めていることが発表されました。

駅伝一筋に生きて来た名選手が駅伝関係の人生を選ばないで、意外な第二の人生を選択したことは大きな話題を呼びました。

そして、引退後、かって情熱を燃やした箱根をプライベートで旅行してツイッターにその時の心境を綴っています。

ともあれ、現在は富士通の『行政システム事業本部 第一ソリューションビジネス統括部 第二ビジネス部』に、所属してビジネスマンとして頑張っています。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA