萩本欽一の現在!実録映画と大学合格!初代24時間テレビの司会担当

萩本欽一はこんな人!

萩本欣一は、東京都出身のコメディアン、タレント、司会者です。

高校卒業後、浅草の『東洋劇場』入団し研究生としてコメディアンの修行をすることになります。

最初の頃は、ダメ出しをされたりして失意の時機もありましたが浅草フランス座へ出向した時、ストリップの幕間コントで安藤ロール(のちの相方、坂上二郎)と知り合います。

その後、東洋工業を辞めて劇団浅草新喜劇を旗揚げします。そして、公開コメディー番組に出演してタレント活動を開始しますが、全く受けず失意のうちに、降板します。

再起を期してコントを考案していた頃、坂上二郎からの連絡を受けてコント55号を結成します。その後、前田武彦の公開生放送『お昼のゴールデンショー』(1968年〜1971年)に出演したら、これが大ブレークした結果『コント55号』は、日本中の人気者になります。

1971年には、日本テレビ『スター誕生!』の初代司会者を務め、森昌子や桜田淳子、山口百恵など数多くのスターを生み出した人気番組で活躍しました。

また『24時間テレビ』の司会や『欽ちゃんの仮想大賞』など数多くの人気番組の司会を担当して幅広く活躍しています。

萩本欽一のプロフィール

出 生 名 萩本欣一(はぎもと きんいち)
生年月日 1941年5月7日(76歳)
出 身 地 東京都
血 液 型 A型
ジャンル コント
職  業 コメディアン、タレント、司会者
活動期間 1964年~
(ウイキペディアより)

萩本欽一の現在はというと?

2015年には駒沢大学の仏教学部に入学して、現在、忙しい仕事の合間をぬって通学中とのことです。

2017年、秋には萩本欽一さんに密着したドキュメンタリー映画『We Love Television?』という実録映画も公開される予定です。

コメディの革命を起こした伝説のコメディアンとして、今でも芸能界では大きな影響力と存在感を保っています。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。


芸能人ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA