鳥越俊太郎の現在!東京都知事選と女性問題!気になる学歴詐称疑惑

鳥越俊太郎はこんな人!

鳥越俊太郎は、福岡県出身の日本のテレビタレント、ジャーナリストです。

1958年、京都大学文学部を卒業。1965年、毎日新聞社に入社します。そして1988年4月にサンデー毎日の編集長となります。

リベラル派のジャーナリストとして存在感を示しながらも晩年は女性問題や学歴詐称問題でメディアを賑わしています。

学歴詐称問題は、2016年の東京都知事選挙に立候補した時に持ち上がった問題で『昭和15年生まれで終戦時の年齢は20歳』と自己紹介していますが生年月日から計算すると実際は5歳でした。

さらに立候補の時のプロフィールでは「1958年、京都大学文学部心理学科に入学」となっていましたが、その当時、京都大学に心理学科はありませんでした。

遠い昔の思い出としても年齢についてはかなりあやふやです。また、学歴についても疑惑は解消されていませんから学歴詐称問題は、依然、謎のままです。

また、都知事選の選挙運動中に発覚したスキャンダルでは過去に20歳の女性に強引に交際を求めた疑惑が持ち上がり鳥越氏は疑惑を否定しました。

なお、自らを不死身と自称する鳥越俊太郎さんとがんとの闘いは良く知られています。

2005年に直腸がんを告白して手術後に復帰。さらに、肺がん、肝臓がんが発見されて、それぞれ摘出手術を受けた後に復帰しています。

鳥越俊太郎のプロフィール

出 生 名 鳥越俊太郎(とりごえ しゅんたろう)
生年月日 1940年3月13日(77歳)
出 身 地 福岡県
ジャンル テレビ
職  業 テレビタレント、ジャーナリスト
活動期間 1665年~
(ウイキペディアより)

鳥越俊太郎の現在はというと?

鳥越俊太郎さんは、東京都都知事選で大敗した後、自分の女性問題を告発した『週刊文春』に対して名誉棄損で刑事告訴をしています。

その告訴については東京地検特捜部は『不起訴処分』としました。この結果、法律的には嫌疑は晴れましたが鳥越俊太郎さんが公人である事から、女性問題についてはグレーと言う印象が残ってしまいました。

なお、現在のところガンについての新たな情報はありません。またメディアへの復帰に関しては女性問題が起きたことにより厳しいと言えるでしょう。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA