シャラポワの現在!美人プレーヤのドーピング問題と復帰後の写真と画像!

シャラポワはこんな人!

シャラポワは、ロシア出身のプロテニス選手です。

2001年に14歳でツアーデビューしました。トーナメント初優勝は、日本で行われた『草津国際女子オープンテニス大会』でした。

身長188センチの色白の長身選手で華やかな容姿の美人選手で2004年のウインブルドンで17歳にして初のグランドスラム優勝を果たして世界的に有名になりました。

その後、2006年に全米オープンで優勝。2008年に全豪。2012年、2014年に全仏で優勝して4大大会の女子シングルスで優勝しました。

スタイル抜群で美貌のシャラポアは写真集もたくさん出しています。特に写真ではファッションモデルとしても活躍し大きな人気を得ています。

そんなシャラポワに起きた大事件が2016年の全豪オープン開催中に起きたドーピング問題です。

同大会のドーピング検査で陽性反応が出たシャラポワは記者会見を開き10年間、医療目的で使い続けていたことを認め二年間の出場停止処分を受けました。

その後、スポーツ裁判所に資格停止処分の短縮を提訴した結果、15か月間の出場停止の裁定となりました。

シャラポワのプロフィール

出 生 名 マリア・シャラポワ
生年月日 1987年4月19日(39歳)
出 身 地 アメリカ合衆国
ジャンル プロスポーツ
職  業 プロテニス選手
活動期間 2003年~
(ウイキペディアより)

シャラポワの現在はというと?

2017年8月、出場停止が解けた全米オープンに復帰したジャラポワは1回戦でルーマニアのハレブに6-4、4-6、6-3で、4大大会復帰後、初勝利を果たしました。

ただし、この出場は『ワイルドカード』という特別な処置によって予選に出ることなくグランドスラムに出場できると言う優遇処置でした。

その為、トップレベルの女子プロ選手からは薬物疑惑を経験しているのにシャラポワだけが優遇され過ぎているとして反発がありました。

しかし、大会を運営する側から見れば、実力と人気を兼ね備えたシャラポアは観客を呼べるドル箱選手と言う事情があったのです。結局、全米オープンは3回戦で敗れてベスト16に終わりました。

ジャラポワがドーピングで失ったマイナスイメージを挽回するには、これから勝ち続ける事が必要になります。

再び、美貌のテニスプレイヤーが世界のひのき舞台で活躍できるかどうか、この後のシャラポワの試合からは目が離せません。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。


芸能人ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA