吉村禎章の現在!怪我にも同僚の逮捕にもめげずに成績を残す男の息子は?

吉村禎章(よしむら さだあき)はこんな人!

吉村禎章は、奈良県出身の元プロ野球選手(外野手)・コーチです。

名門PL学園出身で、1981年ドラフト3位で巨人に入団しました。巨人一筋に17年間活躍して通算打率は2割9分6厘で149本という見事な成績を収めています。

王、長嶋、野村などプロ野球を代表する名選手と比べると見劣りするように見えますが、吉村選手は悲運の名選手と呼んで差し支えありません。

吉村選手の真の実力を語るには、プロ入り7年目の1988年の中日ドラゴンズ戦での大けがを抜きにしては語れません。

その試合中で、チームメートの沢村選手と衝突して3本の靭帯を断裂する交通事故並みの大怪我をしてしまったのです。その後、アメリカで手術してリハビリに1年を要しています。

プロ野球選手としては致命的な事故でした。怪我の前後の成績を比べてみると、いかに大きなアクシデントだったのか解ります。

奇跡の復活をした後の10年間の成績は、3割以上が3回、3割以下が7割です。ところが、怪我をする前の吉村選手は、6年連続3割を打っていました。

それでも、終身打率が2割9分6厘の成績を残しています。スポーツにもしも、は無いと言われますが、もし、怪我をしていなければ、間違いなく終身打率は3割を超えていたでしょう。

二度と野球ができないかもしれない大怪我から立ち直って10年間プレーしています。不屈の精神力でファンに感動を与えてくれた偉大なる打者と言えます。

吉村禎章のプロフィール

出 生 名 吉村禎章(よしむら さだあき)
生年月日 1963年4月27日(54歳)
出 身 地 奈良県御所市
ジャンル プロスポーツ選手
職  業 元プロ野球選手、コーチ
活動期間 1982年~1958年
(ウイキペディアより)

吉村禎章の現在はというと?

引退後、野球解説者をしていた吉村選手は、2002年から巨人の1軍打撃コーチ・二軍、さらに一軍コーチを務め2011年にコーチを辞任しています。辞任の理由は女性スキャンダルでした。

現在、退団して6年を経過しています。

巨人ファンの中には、吉村禎章選手の巨人軍監督を希望する声も聞こえるのですが、6年経っているとはいえ、女性スキャンダルで退団したという過去があるので、監督というのは、ちょっと厳しいかもしれません。

ただし、悲運の天才バッターの不屈の精神力と経験は野球界の貴重な財産です。いつの日か、吉村選手の監督としての才能を多くの人が熱望する時が来れば、巨人軍の指揮を執る日が来るかもしれません。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA