根本りつ子の現在!入浴と登山さらには結婚や竹脇無我との熱い関係!

根本りつ子はこんな人!

根本りつ子は、東京都出身の日本の女優です。

高校を卒業後、モデルやナレーターを経て1982年、お昼のテレビ小説と言われるポーラテレビ小説『女・かけこみ寺』でデビューしています。

その後は、テレビドラマの時代劇への出演が多く『大岡越前』『長七郎江戸日記』『水戸黄門』などの人気時代劇に何度も出演しています。

純和風の美人女優なので、時代劇の雰囲気にピタリとハマったのでしょう。

幅広い役をこなせる演技派の女優なので『土曜ワイド劇場』などのサスペンスにもよく登場しています。

根本りつこさんは、長い間結婚しなかったので竹脇無我さんとの仲がウワサされました。

その理由は、大岡越前などで竹脇無我さんとの共演が長かったのでドラマの中での仲睦まじい様子がウワサになっただけでよくありがちなゴシップです。

また、森繁久彌さんとの親交も深かったと言われ『女優になると女としての幸せは難しい』とアドバイスして貰ったと言う体験談もテレビのトーク番組で公表しています。

また登山と入浴が好きでよく温泉巡りをすると言われています。

2016年9月8日に放送された『徹子の部屋』で、同年の3月に一般男性と結婚していたことを告白しています。57歳の初婚は流石に芸能人とは言え珍しい結婚と言えるでしょう。

根本りつ子のプロフィール

出 生 名 根本律子(ねもと りつこ)
生年月日 1959年4月19日(58歳)
出 身 地 東京都
血 液 型 AB型
ジャンル テレビドラマ、映画
職  業 女優
活動期間 1977年~
(ウイキペディアより)

根本りつ子の現在はというと?

2016年頃から、女優としてのテレビ出演は全盛期と比べると減ってますが時々テレビにも出演しています。

現在58歳を迎えた根本りつこさんは、ネット上に公開されている画像を見ただけでも魅力的な和風美人で、まだまだ奇麗です。

テレビなどでは年齢的に熟女やおばあちゃん役が増えるでしょうが、老け役になって出演が増える例もあります。

またそのうちテレビで見かける事があるでしょう。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA