松尾嘉代は現在逗子に居る?肝っ玉母さん降板画像

サスペンスの女王と言われた美形女優の松代嘉代は、今、どうしてる?

松尾嘉代はこんな人!

松尾嘉代は東京都出身の日本の女優です。

1959年、駒沢学園女子高在学中に公募に応募して合格した日活に入社しました。

女優デビューは1959年の今村昌平監督の映画『あんちゃん』でその後、1961年、高校を卒業して最初は清純派の女優として売り出しました。

主な映画は吉永小百合主演の『青い山脈』の駒子役や三島由紀夫原作の「潮騒」の千代子役などが有名です。

1964年には鈴木清順監督の『肉体の門』(1964年)に出演しています。

1960年代は主に映画の活躍が多かったのですが映画の衰退期に入る1970年代になってテレビドラマへの出演が増えて行きます。

1970年代末以降はテレビの2時間ドラマで活躍しています。

特に1980年代~1990年代には「サスペンスの女王」と呼ばれるほど、あらゆる役柄をこなせる実力派でした。

1990年代になってもサスペンスドラマでの活躍は続きますが、熟女女優としてヘアヌード写真集も3回出しています。

彼女は正式な引退宣言はしていませんが1998年以降は殆どメディアには姿を出していません。

松尾嘉代のプロフィール

出 生 名  松尾嘉代(まつお かよ)
生年月日 1943年3月17日(74歳)
出 身 地 東京都
血 液 型  –
身  長  –
体  重  –
職  業  女優
ジャンル  テレビドラマ、映画
活動期間  1959年~

現在の松尾嘉代はというと?

松代嘉代といえば、サスペンスの女王として知られていますが清純派から濡れ場や汚れ役まで演じる事の出来る演技の幅の広さも特徴です。

50歳前にヘアヌード写真集を3回出版していますが、50歳前の艶美熟女の魅力で人気を得ています。

彼女は引退宣言をしていませんが、現在、ウェブ上でも松尾嘉代の情報は確認できません。

現役時代からほとんどスキャンダルのない優等生女優だったので、今は、静かにのんびりと暮らしているのではないでしょうか?

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。


芸能人ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA