辰吉丈一郎は現在病気と検索されている理由は?収入が凄く家や車も豪華?

プロボクサーとして活躍した辰吉丈一郎さんですが、ネット上では体調不良が囁かれているようです。そんな辰吉丈一郎さんの今に迫ります!

【辰吉丈一郎プロフィール】

生年月日:1970年5月15日

出身地:岡山県

身長:164cm

血液型:B型

辰吉丈一郎さんがプロデビューを飾ったのは1989年。
なんでも父親の粂二(くめじ)さんがボクシングファンだったらしく、辰吉丈一郎さんは幼少期から徹底的にボクシングを仕込まれたそうです。

「浪速のジョー」という愛称で親しまれ、日本バンタム級、WBC世界バンタム級王者として、ボクシング界の頂点に君臨します。

1993年には網膜剥離を患いますが、その後見事に復活!
やはりさすが王者、といったところでしょうか。
病を患ってもなおボクシングの世界に身を投じる根性と姿勢!熱いです。
並々ならぬパワーや精神力の強さが表れていると感じますね。
辰吉丈一郎さんのガッツ溢れる精神性に拍手を送りたいですよ。
復活後の1994年12月に行われた、薬師寺保栄さんとの一戦もかなり話題になりましたよね!

【次男・辰吉寿以輝もプロボクサーとして活躍】

辰吉丈一郎さんには、2人の息子さんがいます。

次男の寿以輝(じゅいき)さんは、お父さんと同じ道を歩んでいるようです。
すなわち、プロボクサーとして活躍しているということですね!

ちなみにデビュー戦は5戦5勝とのこと。
なかなか良い感じのようにも思えるのですが、何しろ父親が辰吉丈一郎さんですから…
あまりにも親が偉大過ぎると、それはそれで辛いものがあるように思います。
事あるごとに比較されてしまうでしょうし、2世ならではの苦労を抱えやすいのではないかなと。

ただ、辰吉丈一郎さんに負けず劣らずの結果を出し続けていれば問題ないと思うので、ぜひ「父親を超えてやる!」くらいの意気込みで頑張ってほしいですね。

また、長男の寿希也(じゅきや)さんは、派遣社員として働いているんだとか。
中学の頃まではボクシングの世界に興味があったようですが、結局別の道を選んだみたいですね。

ちなみに、寿希也さんはお母さん似で優しく、寿以輝さんはお父さん似で負けず嫌いとのこと。
性格的に、寿以輝さんの方がボクサーに向いているのかもしれません。
もちろん、根は優しいボクサーの方もたくさんいるとは思います。
が、やはりある程度の闘争心や負けず嫌い精神は、選手として強みになると思いますから。

【現在の辰吉丈一郎は?】

辰吉丈一郎さんは現在も「現役」にこだわり、ボクシングの練習を欠かさず行っているそうです。

病気説や体調不良説など、色々とよくない噂が囁かれていた辰吉丈一郎さん。
おまけに、ろれつが回らない喋りを収められた動画がアップされたことで、「パンチドランカーになった?」とまで言われる始末。
しかし実際は、今もなおボクシングの世界に身を置き続けている…というわけです!

これまでに稼いだファイトマネーや、イベント出演時のギャラ、そして妻・るみさんの経営する喫茶店での売り上げなど、収入に関しても特に心配は無さそうです。

2016年には、25歳から44歳までの20年間の人生を収めたDVD、「ジョーのあした -辰吉丈一郎との20年- 」も発売されました。
辰吉丈一郎さんのこれまでの軌跡を振り返るにはもってこいの作品、と言えそうですね。
辰吉丈一郎さんの生きざまはかなり熱いので、恐らく特別ファンではない人が見てもグッとくるのではないでしょうか。
僕も1度見てみようかなと思っています!笑

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA