和泉雅子の今現在が若い頃と変わらず美しい!?画像

青春スターで三人娘の一人だった和泉雅子は、今、どうしていますか?

和泉雅子はこんな人!

和泉雅子は東京都出身の女優で冒険家です。

10歳の時に劇団若草の子役となり、1961年に日活へ入社しました。

1963年に女優としてデビューした後、数々の青春映画に出演して人気を得ました。また、同じ青春映画のスターの吉永小百合、松原智恵子と合わせて「日活三人娘」と呼ばれていました。

1967年には山内賢とデュエットした「二人の銀座」「東京ナイト」が大ヒットしています。

全盛期は青春スターとして活躍した1960年~1970年代で最も輝いていました。

1971年、映画産業が斜陽化しはじめて日活は成人映画をメインにしたポルノ路線に転換したので彼女は日活からテレビへと活動の場を移します。

テレビに舞台を移してからは清純派から汚れ役もこなすようになって行きます。

また、女性冒険家としても知られ1989年、二回目の挑戦で日本人として初めて北極点に到達しました。

和泉雅子のプロフィール

氏  名  和泉雅子(いずみ まさこ)
生年月日 1947年7月31日(69歳)
出 身 地 東京都
血 液 型 A型
身  長  –
体  重  –
職  業  女優、冒険家、真言宗の僧侶
ジャンル  テレビ、映画
活動期間  1958年~
(ウイキペディア)

現在の和泉雅子はというと?

デビュー以来、青春スタートして活躍して来た和泉雅子も1983年にテレビドキュメンタリーの取材で南極に行ったのを機会に女性冒険家としての活動が加わり大きくライフスタイルを転換します。

1985年には北極点を目指すも失敗。1989年に二度目の挑戦で日本人女性として初の快挙を成し遂げました。

そのころから清楚で綺麗な顔立ちの女優から、日焼けしたアスリートの顔に変貌して行きました。

当然のことのようにイメージの変わった和泉雅子がテレビに登場する機会は激減しています。現在のビジュアルは明らかにきさくなおばちゃんと言った感じです。

現在、和泉雅子を見るとすればバラエティ番組で冒険家として登場するぐらいで実質、女優、タレントとしての活動はほとんど見られません。

また真言宗の僧侶と言う肩書もありますが、どんな活動をしているのかは明らかにされていません。

ブログランキングに登録しています。よかったらポチッとお願いします。


芸能人ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA